リモートワークあるある リモートワークあるある

01リモートワーク変化したことは?

社内、社外とのコミュニケーション

社内の人との会話や交流
(チャットやSNSも含む)

減った 5 6 . 1 %

  • 増えた 8 . 7 %
  • 変わらない
    3 5 . 2 %

社外の人との会話や交流
(チャットやSNSも含む)

減った 5 0 . 1 %

  • 増えた 8 %
  • 変わらない
    4 1 . 9 %

仕事に関わるコミュニケーションの変化として、チャットやメールなどツールの活用は増えているものの、対面での交流する機会が減ったことに伴い、「会話や交流が減った」という結果に。ちょっとした立ち話や会議室への移動シーンなどがなくなり、あらためて雑談の効果に気づいたというコメントもありました。

02TV会議やリモートワークで
失敗したこと
恥ずかしかったこと?

テレカン中のお子様の乱入は多く、
なかでもスマートスピーカーに話しかける
ほっこりハプニングも!

03リモートワーク環境
快適にするために買ったもの?

  • 机や椅子などの
    オフィス家具

    7 6

  • 座布団・クッション

    1 9

  • イヤホン・スピーカー・
    マイクなど音響機器

    3 5

  • モニタやマウスなどの
    周辺機器

    3 3

  • コーヒー・紅茶などの
    嗜好品

    8

  • Wi-Fi・LANなどの
    通信機器

    5

自宅での長時間のデスクワークを快適にし、効率を上げるための物品購入が多くありました。また、テレビ会議の質を高めるための音響機器の購入やオフィスとの通信環境のギャップを改善するための消費もあったのは今回の特徴といえます。

04リモートワーク化での
ポジティブネガティブな変化は?

POSITIVE

  • 通勤がなくなり、家族との
    時間も増えてストレスが軽減した
  • 会議室の予約・移動がなくなり
    打ち合わせしやすくなった
  • 直接顔が見えないので、言葉の
    使い方やコミュニケーションを
    良くする心がけができた

NEGATIVE

  • メリハリをつけるのが難しく、
    生産性が落ちた
  • 雑談が減り、気持ち的に
    ネガティブになりがち
  • 対面での対応ができず、
    ストレスが溜まった

05リモートワーク化での
仕事に関する気づきは?

定期的に雑談時間を設けたり、1on1ミーティングオンラインでの
ランチミーティング
を設けることで、交流する機会を増やすトライアルを実施しています。

密を避けながら月1程度チーム毎に出社日を設け、顔を合わせるようにしています。

また在宅勤務制度の見直しやリモートアクセスツールの導入ペーパレス化の促進押印業務の省略可などテレワーク業務に適した更なる推進を進めています。

最後に!

リモートワークは賛成ですか?

YES! 9 6 . 3 %

リモートワークを2016年から
取り組んでいた事もあり、
全社的に前向きな
回答となりました!

仕事編リモートワークあるあるまとめ

ANAシステムズは、ANAグループの中でも先駆けて
リモートワークやBYOD(私的デバイス活用)の導入などの
働き方改革を推進
していたため、全社的に環境変化に対して
柔軟に対応できた人が多かったのですが、
あらためて「オフィスが仕事に集中するために設計されている」事に
気づいた方も多かったようです。

また、これまで当たり前にできていた雑談や
ランチタイムといった
「非公式なコミュニケーション」の重要性を意識したと
いった
コメントも多く見受けられました。

弊社では、自宅や外出先でも安全に仕事が行えるよう、
セキュリティについては、細心の注意を払って取り組んで
まいります。